Gitとは

プログラムなどのソースをバージョン管理するシステムです。
ファイルやディレクトリに日付を入れるのも簡単なバージョン管理ですが、それの上位版と言えば良いでしょうか。
(なんと簡単な説明!)

使うだけならローカルでもOK

Gitは、ローカルだけで使うことができます。
Windowsは、Git for Windowsをインストールします。

Git for Windows

Macは、Xcode(Command Line Tools)をインストールすると一緒に入ります。
バージョンが古い場合は、Homebrewで入れると良いでしょう。

ホスティングサービス

ローカルだけでも使えるGitですが、メンバーと共有する際は、外部にデータ(リポジトリ)を置かなくてはいけません。

GitHubBitbucketなどのホスティングサービスにリポジトリを置くことで、メンバーと共有することができます。

プランによります、非公開のリポジトリは、有料になることが多いです。
私はメンバーとGitをしたいという理由だけだったので、予算がありませんでした。

  • GitHubは、非公開のリポジトリは有料になります。
  • Bitbucketは、5ユーザーまでなら無料のようです。

さくらのVPSでGitoliteをやる

というわけで、あまり活用されていないツクメモが置いてあるさくらのVPSでGitをやることにしました。
調べてみると、Gitoliteというものを使うと簡単にできるみたいなので、やってみました。

Gitoliteとは

共有したリポジトリやユーザーを管理するためのツールらしいです。
難しいことはよくわかりませんが、これを入れると簡単にメンバーと共有できるみたいですね。

SSHの鍵の作成

Gitoliteユーザー用にSSHの鍵を作成します。
Git for Windowsがインストールされていれば、Windowsでもコマンドでできるみたいです。
WinSCPのPuTTYでも大丈夫だと思います。
Macはコマンドで問題ないですね。

設定しないとid_rsaという名前になりますが、分かりやすい名前にしましょう。
ここではadminという名前にし、パスワードを無しにします。

ファイルが2つ作成されます。
pubが付いたファイルをさくらのVPSにコピーしましょう。
FTPソフトでもSCPコマンドでも良いです。

Gitolite用のユーザーを作成

さくらのVPSにログインして、Gitolite用のユーザーを作成します。

接続可能なユーザーを制限している場合は、AllowUsersに追加することを忘れないでください。

また、先ほどコピーしたadmin.pubgitユーザーに変更して、権限のあるディレクトリに入れておきます。

Gitのアップデート

さくらのVPSにGitが入っているかもしれませんが、新しいバージョンを入れます。

作成したユーザーでGitoliteをインストール

ローカルに戻って、configに登録

~/.ssh/configに設定を登録すると接続が楽になります。

gitolite-adminリポジトリを取得

gitoliteは、gitolite-adminリポジトリを更新することで、ユーザーとリポジトリの管理ができます。
conf/gitolite.confに書き込んで、pushすると追加や変更することができます。

SourceTree

Gitは、コマンドでも使えたほうが良いですが、見ためが分かりやすいSourceTreeというアプリケーションも併用すると良いです。

Free Mercurial and Git Client for Windows and Mac | Atlassian SourceTree

これでGitライフが楽しくなりそうです。
それでは、また!

参考サイト

sitaramc/gitolite · GitHub

install and setup

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(26):Git管理の神ツール「Gitolite」なら、ここまでできる! (1/2) – @IT

【Linux】 CentOSにGitolite を導入する – kzy52's blog

他多数